JST

1981年のポートピア博覧会を契機に、日本有数のコンベンション都市として神戸では多数の国際会議が開催されてきました。その実績と経験から、主催者・参加者が満足する充実したサービスパッケージ「Meet in Kobe」を展開しています。

開催支援メニュー

※01~04は国際会議A・Bにのみ提供となります。適用条件は下部財政支援をご確認ください。

  • 01ウエルカム看板の提供
  • 02日本酒(鏡開き用の菰樽orビン)または神戸ワイン(ビン)※提供数上限あり
  • 03コングレスバッグの提供
  • 04海外参加者への記念品提供
  • 05神戸プロモーションビデオ・画像の無料提供
  • 06観光案内ボランティア・日本文化体験ボランティア(華道・書道等)の紹介
  • 07公開講座開催の広報支援
  • 08神戸らしいアトラクションの紹介
  • 09次期神戸開催に向けてPR活動の支援
  • 10各種マップの提供
  • 11観光・商業施設での割引優待VIPクーポンの提供
  • 12会場内での観光インフォメーションコーナーの設置

財政支援

ポートピア’81記念基金補助金※会議開催総事業費の5%が上限

対象形式:国際会議A 500万円

適用条件

  • 1神戸市内で開催されるもの
  • 2主催者が非営利団体
  • 3参加者300名以上
  • 4参加国5カ国以上(日本を含む)海外からの参加者100名以上
  • 5会期3日以上
  • ※国際会議の場合、日本を含む2ヵ国以上から20名以上の参加があること。
  • ※国内会議に付随する国際セッションの場合、総数20名以上、かつ外国人10名以上の参加があること。

対象形式:国際会議B 200万円

適用条件

  • 1神戸市内で開催されるもの
  • 2主催者が非営利団体
  • ※国際会議の場合、日本を含む2ヵ国以上から20名以上の参加があること。
  • ※国内会議に付随する国際セッションの場合、総数20名以上、かつ外国人10名以上の参加があること。

国内会議等補助金

対象形式:国内会議 最大 200万円

適用条件

  • 1神戸市内で開催されるもの
  • 2主催者が非営利団体
  • 3参加者1,000名以上の全国的な会議(半数は市外から参加)
  • 4会期2日以上

展示会開催助成

対象形式:展示会 最大 50万円

適用条件

  • 1神戸市内で開催が初となるもの
  • 2会場使用平米1,000㎡以上の展示会
  • 3準備日含め2日間以上

(公財)中内コンベンション振興財団による助成金

対象形式:国際会議・国内会議

神戸市をはじめとする兵庫県内へのコンベンション誘致の支援を目的に設立され、
国際会議・国内会議への助成金交付と開催準備金の貸付を行っています。
詳細は、(公財)中内コンベンション振興財団へお問い合わせください。(TEL:078-303-8111)
※ポートピア'81記念基金補助金、国内会議等補助金制度との併用申請可

手続きの順序

  • 1適用申請書の提出(当該会議開催前年度の11月30日まで)
  • 2審査適用承認の通知
  • 3各種サービスについてのご案内
  • 4各種サービスの提供

申請の際は、下記へお問い合わせください。

神戸コンベンションビューロー

TEL :078-303-0090 お問い合わせ

PAGE TOP

techno ocean network
feelkobe
feelkobe_plus